日本頭痛学会

HOME << 研修医・医学生へ << 頭痛クイズ

理事長挨拶
topics&information
ニュースレター
学会概要・組織
入会案内
頭痛学会誌
頭痛ガイドライン
国際頭痛分類
医師・医療従事者の方へ
会員専用ページ
一般の方へ
研修医・医学生へ
Link
サイトマップ

【問題2】

芥川龍之介著「歯車」の一部を以下に示す。

 のみならず僕の視野のうちに妙なものを見つけ出した。妙なものを?—と云うのは絶えずまわ

っている半透明の歯車だった。僕はこう云う経験を前にも何度か持ち合わせていた。歯車は次

第に数を殖やし、半ば僕の視野を塞いでしまう、が、それも長いことではない、暫くの後には消

え失せる代わりに今度は頭痛を感じはじめる、—それはいつも同じことだった。

「僕」の症状から最も考えられる疾患はどれか。

 

a) 緑内障

b) 片頭痛

c) 脳内出血

d) 緊張型頭痛

e) 慢性硬膜下血腫

 

(第104回 医師国家試験より) 

 

「問題2」の正誤確認・解説はこちらをクリック


問題1に戻る> <問題3に進む